FC2ブログ

【エフェクター】PROCO DISTORTION RAT2【修理してみた】続編

前回、RAT3号機を修理ついでにLEDとDCジャックの交換をしましたが、2号機のDCジャックも交換してみました。
今回は、電池と併用できるようスイッチ付きのジャックを採用しました。
それでは分解していきます。
RAT201.jpg
ボリュームノブを外すときにこのプラスチックのツマミの棒を折ってしまう人が多いらしいです。
慎重に外します。

RAT202.jpg
基板がとても綺麗です。

RAT203.jpg
3号機のきたないはんだ付けとは大違いです。
こちらのほうが古いはずなんですが、、、。
現在は中国製らしいです。

RAT204.jpg
今回交換するジャックは外径が12mmを越えており、かなり穴を拡大する必要があります。

RAT205.jpg
超硬ロータリー歯でグリグリやります。

RAT206.jpg
なんとか拡大できましたが、めちゃくちゃ大変でした。
おすすめしません。

RAT207.jpg
装着できました。
闘いを終えて・・・。

RAT208.jpg
電池との併用テストも問題なしです。
ジャックの電源が優先され、電池を抜いても作動しています。

現行モデルは最初からセンターマイナスのジャックになっているそうです。
なんか無駄な努力をした気がします。

1号機はオペアンプが貴重なLM308のため、オリジナルのまま保つことにしたので変換アダプタを購入しました♪
(だったらこの改造しなくてもよかったじゃん!)

コメント

非公開コメント

プロフィール

blackstyle1000

Author:blackstyle1000

オヤジギタリストが日々のしょーもないことを書いてます。

広告

広告

広告

QRコード

QR

広告